忍者ブログ
艦これの攻略情報や日々のプレイを備忘して行きます。
[116] [115] [113] [111] [112] [110] [108] [106] [105] [104] [103]
プロフィール
HN:
Reia
性別:
男性
自己紹介:
2013年10月下旬頃よりパラオ泊地サーバーにて艦これをプレイしています。
日々のプレイ録を残していきます。
艦隊司令部レベル120になりました。
理想的中堅生活を目指して。

適当に書いてもやたら長い記事になってしまいます。
昔に書いた記事は手が回らなくなってたりしてます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
QLOOKアクセス解析
最新コメント
[08/28 NONAME]
[06/29 しんまい]
[04/18 NONAME]
[04/02 bob]
[04/02 bob]
フリーエリア
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雷巡が使える夜戦

分かっている人には当たり前の話になります。
以前長々と書いた連合第二艦隊の記事では私の原状の考え方は殆ど書ききれたと思います。
ですが、当時は15夏E7に焦点をあてた構成の組み方でしたので雷巡はあまり考慮されていません。

雷巡の特徴としては
・開幕火力として計上できる
・上記の理由である程度昼戦火力として計上できる(少なくとも魚雷カットイン重巡よりは上)
・連撃でも夜戦キャップに迫る火力を出せる
・中破カットインでもかなり高い火力を出せる
・装備スロットが3で、かつ構成を変更する余地がない(主主甲標的or魚魚甲標的)
・重巡等と比べると脆い
というようなものが上げられます。
細かい点では開幕雷撃は命中率が高く、お互いの命中率が下がった連合艦隊での戦闘では相対的に価値が高いという側面もあります。

伝統的に夜戦最終兵器とされてきた雷巡ではありますが、最近の敵艦艇を顧みると雷巡オンリーで夜戦を考えるのはあまり現実的とは言えません。
理想は5~6隻、最低でも4隻は夜戦キャップ近辺に届かせることで撃破率を期待しやすくなります。
発動率に左右されにくい連撃で火力を出せたり、中破してもカットインだとそれなりに火力が出るなど依然雷巡の夜戦での価値は高いままです。
しかし、艦隊単位で見て期待値を底上げしようとしたときに使いたい探照灯、照明弾、夜偵といった夜戦装備の枠を考えると今度は雷巡の装備枠の狭さが気になってしまうのです。
自艦隊の命中、カットイン率などを補強し相手のカットイン率を下げるこれらの装備は非常に重要です。

想定したい形と達成したい理想

雷巡二隻を確定とした場合、第二艦隊の制限である駆逐二隻と合わせて四枠が三スロかつ実質的な空きスロが極めて厳しいことになります。
雷巡の装備は連撃かカットインとして、駆逐で火力を出そうとした場合カットイン一択になります。
基本的にここは装備枠固定になってしまいます。

第二艦隊のもう一つの制限である軽巡は、性能面を見た場合有力なのは神通、大淀、阿武隈でしょう。
神通は単純に夜戦火力が軽巡で一番高く、その他スペックもほとんどが軽巡で一番高いです。
ただし連撃で十分な場面以外は見劣りするかもしれません。
大淀は4スロ軽巡の中で性能が一番高く、前述のような夜戦装備を積むのに向いています。
その代わり夜戦火力には期待できません。
阿武隈は先制雷撃が可能で、特に魚雷カットインが期待できる程度の運があればかなり強力です。
しかし雷巡と同様に装備枠の固定という短所があります。

ここまでで五枠が埋まって、残り一隻は昼戦火力のある高速戦艦か夜戦火力のある重巡を選ぶのが普通でしょう。
Bismarck dreiを所持しており、他の五隻の夜戦火力が十分であるならBismarck dreiを優先的に採用したいです。
他の夜戦火力に不安があるなら無理に高速戦艦を採用しないほうがいいのかもしれません。

では装備枠から逆算しましょう。
雷巡、駆逐に装備枠がないと考えた場合夜戦装備は他に載せざるを得ません。
軽巡に神通や大淀を採用した場合、まずはそこに夜偵が載ります。
高速戦艦を採用しているなら大型探照灯と夜偵自然に採用できそうですね。
神通だと照明弾が載りませんね、大淀にしてみましょう。
完成しました。

例1
駆逐、駆逐、大淀(照明、夜偵)、大井、北上、高速戦艦(探照、夜偵)

十分クリアできそうな編成に仕上がりましたが、可能ならもっと火力要員を増やしたいですね。
運改修済みのカットイン阿武隈を組み込んでみることにします。
高速戦艦が夜偵を発動できるとして、照明弾の枠がなくなってしまいました。
火力を考えた場合、駆逐から枠を捻出しようとすると魚雷二本夕立という選択肢があります。
夕立は改修次第で五連装魚雷二本+夜偵で夜戦キャップに到達します。

例2
夕立(照明)、駆逐、阿武隈、大井、北上、高速戦艦(探照、夜偵)

夜戦火力が上がりました、とても強そうです。
開幕魚雷3本に高速戦艦までいて昼戦も中々戦えそうな雰囲気があります。
でも全員が全員夕立と阿武隈の運を上げているなんてことはなさそうです。
そういう時の夜戦火力の確保はどうしましょう。
軽巡は連撃神通として、高速戦艦を重巡にすることで解決できるかもしれません。
重巡も魚雷の改修と夜偵次第で魚雷二本で夜戦キャップに到達できる艦がいます。(その辺のリストは以前書いた記事にあります)
とりあえず今回は素の運が高い妙高を使うことにしましょう。
夜偵は神通に持たせるとして、妙高は4スロなので魚雷2本なら探照灯と照明弾を持たせることが出来ます。

例3
駆逐、駆逐、神通(夜偵)、大井、北上、妙高(探照、照明)

夜戦火力自体はありそうですけど火力要員そのものが探照灯を持っているのってどことなく気持ちが悪いですよね、旗艦に置けば良いのでしょうか……
そう考えると割り切ってデコイとみなせる大淀や高速戦艦の採用というのがやはりスマートなように思えます。
妙高の運は信用できないし魚雷の改修なんてしてない?それはどうしよう……

結論

雷巡を採用した場合の完成形はやや難しい形になってしまいがちです。
ですから、理想形から逆算して運改修や装備改修を行いたいところです。
艦隊強化はレベリングだけではないのでこういう細かい部分をつめられたらもっとラスダンに強くなれるんだろうな、と考えています。

もっと言えば照明弾は確定発動ではないので欲を言えばもう一個余分に積みたかったりします。
夜偵も発動率は搭載艦のレベルで上がるので持たせることが想定される艦は可能な限りケッコンしてレベルを高めておきたいですね。
そうでなければこちらも二つ持たせたいということになってしまいます。

まぁ、もちろん運ゲーなんでこんなごちゃごちゃ考えなくてもクリアできるときはクリアできます。
考えうる限りの最善手を取ってもクリアできないときはクリアできません。
それでも振るサイコロの目を少なくしたりサイコロの数を増やせる程度の努力はできます。
できることはやっておきたいなぁと思うところです。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
管理人のみ閲覧可能でコメントを下さった方へ
こちらこそ、いつも綺麗にまとまらずにやたら長文になってしまう記事を読んでくださりありがとうございます。
色々と自分で考えるというのは楽しいものですよね、もちろん私の意見も一個人的な見解という程度のもので、間違っている部分もあるのでしょうが……

雷巡に関してはどうなんでしょうね、ユーザーの反響とかそういった部分も意外とよく見ているように思われるので今後どうなっていくかはちょっと想像できないですね。
ただ、相手が硬くなって行くにつれて雷巡連撃の信頼度自体は下がっていくと思うので夜戦装備の枠と合わせてそういった方向でバランスを取っていくのかもしれません。
それでも先制雷撃は強いのですけどね。
管理人 2016/02/20(Sat) 編集
Powered by ニンジャブログ  Created by ez-HTML  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 艦これ情報備忘録。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]