忍者ブログ
艦これの攻略情報や日々のプレイを備忘して行きます。
[74] [73] [72] [71] [70] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
プロフィール
HN:
Reia
性別:
男性
自己紹介:
2013年10月下旬頃よりパラオ泊地サーバーにて艦これをプレイしています。
日々のプレイ録を残していきます。
艦隊司令部レベル120になりました。
理想的中堅生活を目指して。

適当に書いてもやたら長い記事になってしまいます。
昔に書いた記事は手が回らなくなってたりしてます。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
QLOOKアクセス解析
最新コメント
[01/22 NONAME]
[08/28 NONAME]
[06/29 しんまい]
[04/18 NONAME]
[04/02 bob]
フリーエリア
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


改修ってよく分からないけど上位のランカー装備を手に入れるためじゃないの?
ぐらいに思ってたんですけど、どうも星が多い場合にかかっている補正が大きいらしい……
という訳で出来ればネジのために面倒くさいウィークリーの敵東方艦隊を撃滅せよ!も回りたいですよね。

とはいえ12回も勝利する必要があるし何も考えずにまわすのは非効率です。
潜水艦で周回することももちろん可能ですが、折角3-2と同様の経験点を得られるのですから戦力の底上げも兼ねたいところです。
4-2の周回方法自体は語りつくされているので普通のことしか書きませんが、覚書程度に。

拍手[0回]


まずコンセプトとしては
  1. 毎週周回するので資源効率を考える
  2. 育成したい艦に経験値を与えたい
  3. 撤退率を出来るだけ減らす
  4. 出来るだけボスからS勝利を取りたい
1つ目については言うまでもないでしょう。
4-2は道中に戦艦の登場しない簡単なマップですので巨大戦力を投入する必要はありません。
しかし撤退率を減らすことを考えると切り詰めてよい戦力には限りがあります。
また、3つ目のボスS勝利ですが、4-2では陸奥がドロップします
これがどういうことかというと、主砲の改修に欠かせない41cm連装砲の入手方法であるということです。
フィットの概念が出来るまでは46cm三連装砲のハズレみたいな扱いでしたが、現状だと入手がやや面倒くさいわりには需要の多い厄介な代物です。
特に大口径主砲の改修にかなり消費することになります。

構成案

重めなものの安定感のありそうな構成。
旗艦と戦艦に育成枠、正規空母に燃費の良好な雲竜型。
制空値はボス前で優勢を落とさない116。
ただしこの数値自体は軽空母一隻でもクリア可能です。
並びの意図としては経験値を入れたい旗艦、以下火力役二人を並べて一番後ろに空母はボスマスで最後に残った戦艦を攻撃してもらうため。
燃費云々を語る以上は極力昼戦Sを期待したいところです。
また、育成したい艦が駆逐や軽巡であれば対潜装備を盛ることでMVPを取る機会が作れます。
この画像だと育成枠とはいえItaliaと矢矧が重いですね。
5-4で連れ回しにくい低速戦艦の方がよさそうな感じはあります。


空母二隻版。
艦載機が増えたので制空権確保しています。
爆戦のみの瑞鶴ではFlagshipル級は抜けないので手前へ。


軽いです。
軽巡はもちろん天竜型の方が軽いですが、艦載機が載りません。
長良、球磨、名取あたりが軽くて強いです。
駆逐は睦月型にするともっと軽いですが、改二でも特型駆逐艦より脆くて火力がありません。
軽空母は鳳翔以外なら優勢まで取れますが、鳳翔はガン積みでも落とすことがあります。(震電未考慮)
画像の構成で落とすことがない軽空母は千歳型改二、隼鷹改二、龍驤改二です。
あまり軽くしすぎた場合、初戦の水雷戦隊を相手に雷撃戦までもつれ込んで手痛いダメージを受けます。
また、ボスマスの被害も増えますし、S勝利は狙うとなるとほぼ夜戦前提になります。
画像だと鳥海が未改造なのもありますが、これ以上落とすとかなり面倒くさいかなと。
軽巡を片方重巡にする、軽空母を正規空母にする等重くする方向もあり得ますよね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
Powered by ニンジャブログ  Created by ez-HTML  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 艦これ情報備忘録。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]